--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-11(Fri)

天野喜孝×HYDE展に行って来ました☆

みなさまこんばんは。ぴこうさでございます☆
母がチョイスして買って来た箱アイスの『白くま』をやっと食べ終わったと思ったら、次に買って来た箱アイスが別企業の『白くま』であった今日この頃、みなさまはいかがお過ごしでしょうか(*´∀`*)

さて、京都ライト商會さんにて参加させて頂いている『蒼い球体関節人形展』が本日より絶賛開催中だというのに、今回は昨日に行って来た『天野喜孝×HYDE展』について書いてみようと思います☆

天野喜孝さんとHYDEさんのコラボ、その響きだけで卒倒しそうですね(*´ω`*)
そして何が素敵って、日替わりで作品が撮影可能なのです!
ネタばらしを多分に含むので、今から見に行くという方はお気を付け下さいね。


まずは、入り口の所に巨大なラフ画がどーん!

8135352_2008367790_81large_convert_20131011205321.jpg

これだけでも、『ひゃー!(*゚∀゚*)☆』みたいな気持ちなのに、会場に入ったらもうね、冬の日本海の如し素敵の荒波にやられてしまって、見る人があたしを見たら、ちょっとばかり魂が抜けてしまって二重にブレて見えていたのでは無いでしょうか。

特に衝撃的だったのは『情と非情』とラストの大作『悪魔』!
この作品の美しさには涙腺も緩むというものですよ・・・!
天野さんと言えばファイナルファンタジー、という世代のあたしとしては『ロマンティック×戦い』のエリアが大好き!ヽ(*´∀`)ノ・゚・ ~**
もう、ここに住みたい!!


この日の撮影可能の作品はこちら☆

8135352_2008367795_2large_convert_20131011205346.jpg

天野さんらしい作品。

8135352_2008368032_77large_convert_20131011205447.jpg

これはアクリル板かな?

8135352_2008368502_34large_convert_20131011205604.jpg

こちらは金箔!
金箔と言うだけでもインパクトがあるのに、1mくらいあるのですよ!これがまた!

絵画だけでもアクリルから墨絵まで、素材も金属から段ボールまでと全く違うイメージのものを駆使し、それでいて天野さんらしさを失わない所が素晴らしいですね(T_T)
しかも、絵画だけで無く人形作品も!

8135352_2008367804_238large_convert_20131011205411.jpg
柵がある為、向こう側の骸骨部分が見えづらくて少し残念。

8135352_2008368037_47large_convert_20131011205507.jpg

もう、何頭身なの、と小一時間程問いつめたいスタイルの良さ。

8135352_2008368043_90large_convert_20131011205530.jpg

お洋服がとても素敵!

平日昼間と言う事もあってか、会場はガラガラで、作品と顔の距離を1cmにまで縮めて30分程向き合おうと文句を言われないであろう贅沢空間でした。
いえ、そんな事はしていませんが。念の為。


これはパンフレットは買いだな!


と思ったのですが、正直言って内容量の少なさにがっかりしたので、代わりにグラスを購入です(*´ω`*)

8135352_2008368506_157large_convert_20131011205625.jpg

本当に、値段が2倍でも良いから、作品掲載数を2倍にして欲しかったですよう。゜(゜´Д`゜)゜。

そしてこの展覧会の平日特典のトレカはこちらでしたよ☆

8135352_2008368512_252large_convert_20131011205647.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぴこうさ@動物使い

Author:ぴこうさ@動物使い
動物の人形を作っています。
作品はカテゴリ『作品紹介』よりご覧下さい。
『展覧会参加情報』は決定次第、追加して行きます。
Twitter:作家アカウント@pikousa2、中の人アカウント@pikopikouzura

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。